忍者ブログ
no.9の音楽と日常と珈琲を。
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ルゥ〜ルゥルルルゥ〜〜〜(・ε・`*)


行ってきました、北海道。
ほんとにほんとに素晴らしい大自然と人に囲まれた旅でした。

生牛ことJunくん、ありがとう。


目的地は然別湖コタン。

国立公園の南端に位置する然別湖は、この時期、湖一面が厚い氷に覆われ、
湖上にコタンという氷の村が出来るのです。







気温は氷点下10度。

生まれて初めての北海道で、初めての氷点下10度。
どんなもんか!?と思いきや、
想像よりも遥かに暖かい。(暖かいではなく、寒くないというべきか?)




風が吹くと、もちろん痛いほど寒いんだけど、
しっかりと防寒しているのと、
雪の温かみで、それほど寒さは感じない。

雨の東京の方が間違いなく寒いと感じる。

コタンにはバーがあり、
ホールがあり、
チャペルがあり、
ホテルがあり、
温泉がありと様々な施設が創られている。






僕と一緒に行った映像のmichiくんは、
BARに併設されたホールで映像とDJのショーをやるために行ったのです。

ホテルに着くやいなや、
入り口やエレベーター、宴会場など至る所に僕らの写真付きポスターがぁ(笑)
冬の森のコンサートと書かれている…(´〜`ゞ

ホテルのお客さんなんかにも「今夜コンサート楽しみにしてるわね♪」なんて、
声をかけられつつ、内心「DJなんですが…?」とみんなの期待に応える自信が無いw。


しかし、そこはさすが数々の修羅場をくぐり抜けてきた映像作家michiくんの機転で、
氷のホールを急遽マッピングすることに。


下の写真は、後ろから証明をあてているのではなく、
michiくんがドームの模様を記録(マッピング)して、
模様に添って映像があたるようにしているのです。




すごいでしょ?w
DJ中の映像が無いので、説明するけど、
このラインにだけ光が出たり、上下に揺れたりしつつ、
次の写真のように全体に映像を映し出したりすることで、
空間全体を演出しつつ、音楽と同期を計るという。




僕はこの映像の中央でDJをしたわけですが、
ほんと、もうmichiくんが居なかったらと思うとゾっとします(笑)


お客さんは20時の開演からDJ中の1時間、
ずっと座って鑑賞してくれたわけですが、
最後の拍手をいただいた時、ほんと嬉しかったな。

すっごい寒い中、座ってDJを聞いてくれるなんて大変だったんじゃないかなぁ。

しかし、この氷のドーム。
音がなかなか素敵に響くんです。

だから前半は光を意識して、
大好きなsoraとかmergrimとかametsubとか電子の粒子がはっきりしたエレクトロニカをふんだんに混ぜつつ、徐々にメロディー性の強い音楽へと移行していくDJを心がけました。

キラキラとして、僕もやっていてとても楽しかったです。



そういえば、北海道というか本当に寒い所の雪の音がすごいんです。

東京でもたまに鳴くけど、もっとサラサラでフワフワの雪が積もった上を
歩いていると本当に良く鳴くんですね。

録音したので聞いてみてください。

北海道 然別の雪 by no.9


次の日、
僕が北海道で最も行きたい街、富良野へ連れて行ってもらいました。

富良野といえば『北の国から』をはじめとする倉本聰さんの世界。
子供の頃から大好きで、一度あの『優しい時間』を感じてみたかったんです。











本当に静かで、
壮大で、豊かな大地と、どこまでも続く空。


途中の小川でも録音してみました。
富良野の風とせせらぎです。

北海道 富良野の風と川 by no.9








他にも北海道の幸、海鮮食べたり、牧場のピザ食べたり、
ラーメン食べたり、時計台に行ったりして、
三昧な時間を過ごさせてもらっちゃいました。


こんな素晴らしい企画をたててくれた蟲の響つながりのJunくん、
本当に本当に心から、ありがとう。
一生忘れないよ!

そして、同行してくれたmichiくん、
向こうで合流してくれたコウセイとミホちゃん、
ありがとうね。


最後にほんと静かに降り続ける雪の映像も撮ってきました。





また行こう!!!!!



PR
part1 >>
part2 >>
part3 >>
part4 >>
part5 >>
part6 >>

西表用ミュージックはここをくりっく!

西表ファイナルぅー。
長かった。

最終日の前日、
西表を後にしてmomiが絶対おすすめという竹富島へ。

西表からも行けるけど、石垣からだと30分で行けるので、朝早く石垣島へ。
安い素泊まり宿にチェックインして、
いざフェリーで竹富島へ♪

まさに沖縄。
まぁ、観光地用に再構築したらしいけど、それでも素敵。
この特徴的な石垣が石垣島の由来かなぁ。。。

まずはレンタルママチャリ。
久々のちゃりんこが強い日差しとぬる〜い風で気持ちいいぃぃぃぃんだよ。

この街並。
見たことあるでしょ?


竹富1


早速、名物八重山そば。
momiの案内で『たけのこ』へ

たけのこ


っていうか、子供達の夏休みだなぁ。こりゃ(笑)

たけのこ2


momiとmikiは美しいビーチへ行きたい!と言って、
reynarはダラダラしたいと言って
俺とminaは相変わらず、海よりも探検!と言う。
みんな好き勝手w

じゃ!と待ち合わせを決めて(笑)


道ばたに咲く、三角形で紫の葉っぱを持つお花を発見。
うーん。かわいい。光合成できるのかなぁ。。。


ふしぎちゃん


またまた発見。
こういうお花を見つけることが、自分にとってどれだけ大切なことか!
もうわくわくしちゃう。

はな3

植物ってすごいよね。
生命力もデザインも、本当によく考えられてる。
もの凄い生存競争の果てに行き着いた、それぞれの色とカタチ。

はな

はな1

はな2

途中、お店に立ち寄り、
店主に「地元の人しかあまり行かない素敵な場所はないですか?」と聞く。
すると、「あぁ、蝶の小道があるよ」

(≧▽≦)人(≧▽≦)ノやったーーーーー!

早速。。

自転車で行くと、うーん。
あまり居ないねぇ。と話していると。

ヒラヒラヒラヒラ。
ん!?
自転車が止まると静かになって、飛びまくる!

見てみて!女の子にめっちゃ言い寄ってる(笑)


蝶すごい

モンシロキ

蝶1


まだまだ一杯。
そこには小さなドラマが次々と起こってる。
僕らは知らないことばかりだ。
改めて想う。

彼等の毎日は凄い。

赤いてんとう虫も

てんとうむしちゃん

白いてんとう虫も

白てんとうむしちゃん

ばったちゃんも

バッタちゃん

暑いときは日陰でお休み。。。

はなとむし


こんな道。

minaと道

汗びっしょりかいて、
思いっきり笑って、
自転車をこいで、
行き着いた先は、誰もいない真っ青な海だった。

やどかりと遊んで。

やどかりちゃん


本当に子供の頃、いろんな虫を捕まえて遊んでいた頃を思い出す。

沖縄にはいろいろなものがあった。
自分にとってなんだかとても大切なものもあった気がする。
虫達と逢えて、向こうで住んでいる友達に会えて、
新しい仲間達とも逢えて、そこでもno.9を聞いてくれている人たちが居る。

みんなの日常に何かしらの影響を与えて。

最終日、那覇経由で6時間もあったので、
minaとカフェを巡ったけど、東京からきたアツい心もってチャレンジしている人たちが居た。
良い時間を提供するために、なんだかうらやましくなる生活をしている人たちが居た。

なんだか
なんで音楽を創っているのか、見えた気がした。

よっしぃ、鈴木君、誘ってくれて本当にありがとう。
行って本当に良かった。
また、がんばっちゃいます!
part1 >>
part2 >>
part3 >>
part4 >>
part5 >>

西表用ミュージックはここをくりっく!


まだまだ浸ってる、西表ネタ。
まーだ終わらない(汗)
まぁ、想い出ってことで。

5日目はマングローブ探検と散策。
みんなは温泉へ。
俺とminaだけ温泉より、探検と散策を開始!
数時間行ってたのに、あっちこっち興味あり過ぎで全く進まず(笑)
隣の集落で日没。

マングローブ004

マングローブとは川岸に根を下ろす植物全般を示すそうで、
マングローブという植物はない。
この場所も湿地帯でヤエヤマヒルギという植物がなんとも不思議な世界を創りだす。

湿地帯にはこんな↓穴が無数にあいてたけど、カニ?

マングローブ003

かわいくない?↓
葉っぱがつやっつやしてた。なんかワクワク♪

マングローブ005

壁のように縦に高い根っこが凄い。

マングローブ001

上を見上げると、様々な植物が太陽を求めて入り組む。
沖縄は台風が凄いので、それの影響もあるみたい。

マングローブ008
マングローブ006

植物が大きいので、下にはあまり太陽が入って来ないんだなぁ。
したにはあまり植物が無かった。
でもね、小さな沼には小さなトビハゼがぴょこぴょこと。生トビハゼ初めて見たっ!
めっちゃかわいい。(写真無し)

マングローブ007

この後行った大きな川はなんとも壮大だった。
そこも写真が無いけど、風があまりに気持ちよくて、一面に広がる熱帯雨林の匂いがした。
とっても大きな世界と、緩やかな大河。

ゆっくりと歩いて、小さな虫や近所の人と挨拶しながら、
ゆっくりゆっくり進む。

なんか良い時間だったなぁ。

マングローブ009

これで、西表も最後。
明日は最終日の竹富島です。
part1 >>
part2 >>
part3 >>
part4 >>

まだまだ続く西表。(汗)
まぁ、後少しです。

いよいよ西表在住のIKKEIくんとよっしぃ達のパーティー。
秘祭(サトウキビ祭り)

西表では内地の人が何かをやるっていうことがとても大変。
やはり島国の人は新しい人たちの乱入はとても不安なものだから、
信頼し、愛されて初めて新しいことにチャレンジできる。

そんな環境でアツい想いをもったIKKEIくんは在住7年目。
新しい祭りを提案しようと、何度も交渉し、ようやく町の人たちの理解を得た。

おばあとおじいの小さな最果ての地で、そのパーティーは始まった。

手作りで、心がこもってて、日本中から来たみんなの愛があるイベントだったよ。

この日から蟲の響の仲間達、momiや山頂瞑想茶屋ことsinとmakiちゃん、
ダットマフィアのseiji animaminimalやらみんなが参加。
一番笑ったのは奄美に住んでいるreinarにminaが電話。
今から行くーと那覇経由で到着。そんな近いかっ!?
こんな最果ての地で逢うとまたあがるんだわ。

初日はカマチ☆リカちゃんのライブ。
本当に素敵な唄を歌う人です!
ずっと会いたかった人だし、逢えて嬉しかったなぁ。

rika01


ほんと素敵なライブだったよ。

祭が始まると、そこは酒豪達の島。
泡盛、ワイン、ビールと次々と出てくる(汗)
みーんな人懐っこくて、良い奴らがいっぱい。
笑顔と太陽と音楽で酔っぱらわなーい。。。と、思ったが、
泥酔(笑)で、写真もほとんど無いです。。。

party03
party04


次の日は自分のDJ。
もうね、楽しくて楽しくて、気持ちよくって、蝶が舞って♪
ここ最近でもほんと最高のDJをさせてもらって感謝です。

(mina、写真借りるね)
こちらでも詳細がアップされています。
minaの喜怒哀楽楽日記

no9_02
no9_01


ほんとみんなの笑顔が次の曲を教えてくれる感覚。
お酒を差し入れされてさらに上がり、呑む呑む。
気持ちよい時間。

ありがとう♪

夕方にはmomiのDJ
momiはROCKを多くかけるけど、野外にはまるんだよね。
DJしてるとき、やたらかっこいいし。
最後のJimi Hendrixの『little wing』はまさに青春の一曲。
ちょうどその時、沖縄の若い男の子とアツく語っていた最中だったから、
余計に感動したよ。

そして、よっしぃに急遽交代。
30分だけのよっしぃーワールド!!!!

no.9も脱帽の最高で、破天荒な選曲は神がかってた。
安田成美の風の谷のナウシカwから始まり、
ディズニーのエレクトリカルパレード(HOUSE MIX)
UA、山根麻衣さん、カマチ☆リカ、奥田民生と井上陽水の「ありがとう」

こんなDJがいるかぁぁぁぁーーーー。
でも、正直泣きそうになったよ。

ありがとう。

で、さらに山頂瞑想茶屋ことSINのDJ。
あーだ、こーだ言ってたけど楽しんじゃってる、
楽しむ天才。sin。
めっちゃくちゃいけてるトライバルから、サイケへ。
「早くあげろあげろ↑」と言われつつ、あげまくる。
最後には懐かしいDELTAとかかけちゃって、最高だったよ。

party05


で、また呑む。
寝る。

寝てたら雨が降って来てテントが浸水(笑)
寝袋にはかたつむり。

のぼけ眼で荷物を運ぶと、
フロアでは蟲の響の仲間、seijianimaminimalがぐにゃんぐにゃんのトランスをかけている(笑)
すごい早い。(汗)
せいじぃーーーーーと叫ぶも、撃沈。

朝からぼーっっと、珈琲を入れる。
ちなみに沖縄には、マイポット、マイサーバ、お気に入りの豆、マイカップすべて持っていきました。
みんなに珈琲を何杯も振る舞って、
チョコ食べたり、野菜を食べたり、
笑ったり、笑ったり。

そして、また笑って。ひひひ。

party01


とってもあったかい、素敵な祭でした♪
IKKEIくん、よっしぃ、地元のみんな、ありがとう。

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 音と共に暮らす。 ] All Rights Reserved.
http://no9no9.blog.shinobi.jp/

Profile
ARTIST:
no.9
WEB SITE:
WORKS:
Sound Designer
Profile:
no.9(sound designer)
electronicaを中心に作品をリリース。同時にCM音楽やVP,webなど多様なサウンドデザインを生業とする。音楽と植物をこよなく愛し、美味しい珈琲と日常とゆとりを大切に過ごしています。
ブログ内検索
アーカイブ


Send me your sounds

忍者ブログ | [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[09/29 no.9]
[09/29 no.9]
[09/29 no.9]
[09/29 miwa]
[09/29 Yosea]
[09/29 Yosea]
[09/29 めぐみよしだ]
[09/28 no.9]
[09/28 めぐみよしだ]
[09/24 no.9]
no.9 Pick Up


■no.9 LIVE schedule



■no.9's CD



6th album

9-9-9-9-9.com
2009.9.9 Release
LNR009/Liquid note records


Remix Album

usual revolution and nine Remix
2009.4.16 Release
LNR007/Liquid note records


5th Album

usual revolution and nine
2008.8.8 Release
LNR004/Liquid note records



uran okajima / no.9 produce album

a princess tale
2008.5.23 Release
LNR003/Liquid note records


4th Album

Good morning
2007.3.15 Release
LNR001/Liquid note records


3rd album

micro films
2004 Release
Locust music


Remix mini album

Where come from? Where to?
2003 Release
Locust music


2nd album

mushi no ne -蟲の響-
2001 Release
cubic music / Locust music


1st album

calm and ecstatic
1999 Release
cubic music


- compilation -



compilation

my private space
2010.1.20 Release
インパートメント


compilation

LOVE SQ
2009.11.20 Release
スクウェア・エニックス


compilation

MELLOW BEATS
2009.6.10 Release
universal-music


compilation

CLARITY & leaf disc 01
2009.4 Release
schole

compilation

Songs of Seven Colors
2008.11.10 Release
p*dis


compilation

Freedom sunset
2006 Release


compilation

Circuletion / V.A
2001 Release
the sounds of moss
360°records


- other -



Analog 7inch
LAST SONG
2009 Release


ping pong box
2009 Release


LOVE AND RESOLUTION
2008 Release


The Game of Minority
2007 Release

------------------------